へなちょこ司法書士のあーでもない、こーでもない日記


by hawoo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:今日のちっちゃな論点( 2 )

先日、例の差止めの仮処分が出たんで、ついでに民保の復習。

①係争物に関する仮処分命令出すときには当事者の審尋は任意(たぶん)
  c.f.仮の地位の仮処分→原則:必要的
②保全異議あったら仮処分命令出した裁判所が再考(上に行くわけじゃない)
  ここでは当事者の審尋は必要的
③ライブドア側の5億円の担保ってのは14条の担保のこと
④保全異議に対する裁判に不服あれば保全抗告(送達から2W)
⑤特別抗告、許可抗告もアリ

もともと仮処分はマイナーの中のマイナーって感じがあってあんまり時間かけたくないから、いい機会だと思って具体的にあてはめて考えてみた。
でも新株でも予約権でもその差止めって“係争物”?“仮の地位”?ってところでいきなり迷っちゃいました。どうやら係争物の方らしいけど。

今年の択一で新株予約権と仮処分命令が出たらなんか笑えるかも。
[PR]
by hawoo | 2005-03-14 17:56 | 今日のちっちゃな論点
今日はちょっと夜更かし…

これからは日々の勉強の中で出てくる“ここって何回やっても覚えらんないなー”とか“実はここってまだよく分かってないかも…”っていうところをちょっとづつアップしていこうと思う。
じゅげむでブログを始めた頃はたまにやってたんですけどね。
すこしでも記憶の定着の助けになればいいなー。

あくまで自分のためなんで、自分で分かればいいや的にいいかげんな文言を使うことが多々ありますが、そこらへんはさらっと流してくださいね。 あ、でも明らかにコイツ思い違いしてる!ってな感じでしたらズバッとご指摘お願いします!


【H2-8オ】 原裁判所による再度の考案による更正の可否
 ・即時抗告 可
 ・執行抗告 可
 ・保全抗告 不可(民保41Ⅱ)

【H14-6ウ】 不動産担保権の実行に対して実体法上担保権の不存在・消滅を主張する場合
   →執行抗告又は執行異議(182)
   *債務名義によらないから請求異議じゃない

【H10-6ウ】 裁判以外の債務名義の成立の瑕疵を主張
   →請求異議
 *請求権自体に対する文句じゃないけど、請求異議ができるところが例外的な扱い
[PR]
by hawoo | 2005-01-28 00:44 | 今日のちっちゃな論点