へなちょこ司法書士のあーでもない、こーでもない日記


by hawoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:司法書士( 49 )

c0036559_22203911.jpg

それにしても、相変わらず机の上が散らかってますねぇ・・・
でもね、机の上は、散らかりすぎてるくらいの方が仕事してる感
があってスキだったりします、実は(苦笑)





気が付けば自分の事務所を開いて1ヶ月以上経過。
自分ひとりで、気ままにやってます^^

当初は勤務しながら開業準備をするつもりだったけど、思った以上に引継ぎに時間がかかって、結局準備はほとんどできず。
開業した後に開業準備をする、みたいな感じになっちゃいました。

おまけに、おかげさまで(!?)勤務してた時に担当した案件を何件か持ってきたので、
それをやりつつ開業準備しつつ・・・だったので、やたら『やらなきゃいけない事』が多くて、
この1ヶ月は、それをこなす事にのみ集中してた気がします。

それから、ありがたいことに、開業祝いだ!ってことで、何件が新規のお仕事も頂いて
(無茶な依頼もありましたが。あはは・・・)すべてのもに不慣れな事務所で必死でした。


でも、やっと、そんな『開業の嵐』は通りすぎたみたいです。
これから、やっと自分のペースで仕事ができそうです。


さぁ、休み明けは、会社法の勉強だ!・・・って今ごろですか?(遅)
[PR]
by hawoo | 2007-08-14 23:03 | 司法書士

最近やっと・・・

仕事がオモシロくなってきた・・・気がする

相変わらず嫌な思いもするし
やりきれない気持ちになることもあるけど


今日も、一週間の締めくくりに
なんとも後味の悪い出来事があったけど
それも、まぁ、『仕事やってる感』という充実感みたいな
もんに変えたらいっか
(って言いながら、実はまだひきずってるけど)


週明けには、今週、受任した建物明渡事件にとりかかります。

不当利得(過払)の訴訟代理人はやったことがあるけど
建物明渡は初めてです。

っていうか、いきなり訴訟じゃなくて、まずは賃借人と話し合いで解決できるようにがんばってみます。
うまくいったらそっちの方が早く解決できるから。


と、いうことで、この週末は借地借家法の復習です。


さて、大家のおばあちゃんのチカラにどれだけなってあげられるか
乞うご期待です。
[PR]
by hawoo | 2007-02-02 23:16 | 司法書士
そもそも債務整理ってどんなことをするのか、というと
つまり、借金の整理です。 …そのまんまですね(苦笑)

大雑把な流れとしたら、債務者から聞き取りをして、実際に『引き直し』をして、それで何種類か手続きのうちその人に向いている手続きを選択することになります。
まぁ、あえて引きなおししないケースもありますが。

ところで『引き直し』って作業を知ってますか?
おそらく、少し前にニュースでさんざんやってたのでほとんどの人が知ってると思いますけど。あの『グレーゾーン金利』とかあのあたりのことです。

簡単に言うと、現在、多くの消費者金融は利息制限法の上限利率を超える金利で貸付をしています。だいたい27~29%ぐらいのケースが多いかも。
受験生なら1度は条文をひいたことがあるはずですが、本来、利限法を超える部分は無効です。元金が50万なら18%以上の部分。
でも、業者は本来無効であるはずの金利を平気でとっています。
なんでそんなことができるのか、というと『出資法』っていうのがあって、そこで29.2%を越える金利をとった場合には罰しますよ、という規定があるからです。
つまりその29.2%を超えなければ処罰されないって事なんです。
たから『無効だけど借りる人達も文句言わないし、処罰されないんだったら、まぁ高い金利取ってもいいんじゃねーの』って感じになる訳です。

それで高い金利に基づいて繰り返されていた借入と返済を、各業者から開示された取引履歴にもとづいて利息制限法の上限金利で計算しなおす訳です。それが『引き直し』です。
そこで活躍するのが金銭消費貸借のあたりで出てくるいくつかの判例だったりする訳です。
『超える部分は元本に充当し…』ってやつ。

こんな感じで取引を引き直すとかなり残額が変わります。
中には劇的に減額になる人もいます。逆に全然変わらない人もいます。
基本的に取引の長い人ほと圧縮率は高くなるみたいですけど、まぁ、一概にそう言えない時もあるんですけどね。

すっごい簡単に説明すると100万を金利25%で借りて、1年後に125万円払って完済したとします。
それを引き直すと、ホントは115万円でよかった訳なので10万円の過払いって事になります。

私が担当した人で、当初うちに相談に来た時は、(全部で8社ぐらいだったかな…)約400万の借り入れがあって、引き直してみて無理そうだったら破産しましょうか、なんて言ってたのに、実際に引きなおしたら1社以外過払いだった人もいます。
『だって一生懸命返してましたから』って帰り際の笑顔は忘れられないですね。



うーん、なんだか説明が長くなりましたね。
しばらくは仕事の内容をこんな感じでだらだらと書きます(笑)
でもそのうち私が出会ったキャラ濃い目の人達を紹介していきたいと思います。

思わず聞き取り中にもらい泣きをしそうになったり、
『それって人としてどうよ!』って思ったり、
たまらない無力感に襲われたり、
人のためになれたことを実感して「この仕事やっててよかった~」って心から思ったり。
そーゆー仕事です、債務整理って。
[PR]
by hawoo | 2006-10-23 22:25 | 司法書士

お仕事について

「忙しい、忙しい」って言うのはあんまり好きじゃないです。
そう言うことによってほんとに忙しい気がしてくるから。
でも、最近、ほんとに、いそがしいです。
なんかね、もう快感に近いくらい(笑)

ところで、ここであんまり仕事のこと書いたことないですよね。
なぜかと言うと、今私がやってるのは『債務整理』といって、いわゆる多重債務者の救済なんです。
それって受験時代にはまったく触れない分野ですよね。
だから、なんとなく書かずにいました。

でも、これからちょっとづつ書いていきます。
いったいそれがどんなもんなのか。

だって、合格後は誰しもやる可能性がある訳ですから。
もしかしたら、これを読んでくれてる人が既に多重債務かもしれないし。
それくらい、ほんとに身近な問題なんです。
それをみなさんに知ってほしいと思います。

ただし、決して楽しい仕事ではないです。
登記のお仕事のように前向きな感じじゃなく、不誠実な債務者の人に数多く接していると、時々自分のやってることの意味が分からなくなる時もあります。

でも最近ちょっとだけこの仕事が好きになってきたのも事実です。
経験不足のためにいろんな人に迷惑をかける事もありますけどね。

そんな感じで、司法書士はうのお仕事日記、ぼちぼち書いてきます。
[PR]
by hawoo | 2006-10-06 23:21 | 司法書士
事務員さんが、私の名前で委任状を作ってくれた。 
もちろん受任通知も私の名前。

感無量。。。

これからは自分の名前で仕事をするんだって実感。
[PR]
by hawoo | 2006-09-09 22:34 | 司法書士

事務所にて

今日は事務所から更新です。
そうなんです、日曜日にお仕事してるんです。
まぁ、世間的に言えば休日出勤なんてよくあることなんですけどね。

でも、案外休日出勤って好きだったりします。
誰も居ない事務所ってなんだか落ち着くんです。電話も鳴らないし。
(あ、さっき鳴ったけど無視しちゃいました)
だから、ちょっと複雑で難しくてじっくり落ち着いてやりたい仕事は休みの日にしようかな、と。

んで、今、抱えてる案件の中で一番重いやつを今日はやってます。

ここでは中身には触れませんけど、ただね、この案件は、もしちゃんと職務をまっとうできたなら、きっとおっきな自信となってこれからの自分を支えてくれるんじゃないかなって思ってます。

・・・というのは表向きで、ホントのところは、
『今の私には無理なんだってばー!!! できるわけないじゃん。
そもそも最初のボタンを掛け違えてる様な案件を私に任せないでよ・・・・(号泣)』
ってな感じかな。

でもね、こんな薄っぺらな人間でも、自分を信頼してくれてる人のためにもここで逃げるわけにはいかないんです、残念ながら。


走ってるうちに道がそれてしまったら、それは走りながら軌道修正するしかない。


そんな仕事らしいです、この仕事って。
[PR]
by hawoo | 2006-08-20 15:54 | 司法書士
7月2日、明日は本試験。
今までやってきた事をほんの5時間に圧縮する1日です。
やっぱりワタシの住む街では雨が降るらしいです、去年と同じく。


この前、受験生の女の子と話してると突然彼女がぽろりと涙をこぼした。
『不安なんです…』
つられて泣いちゃいましたよ。
私もよく泣いてたから。


そう言えば、あの日は試験の直前まで音楽を聴いてたっけ。
精神的に負けてしまわない様に、気持ちをアゲてく事を優先させて。
それだけを考えてたかもしれない。


別に『高いところから目線』じゃなくて、
ただ願うのは
みんなが自分の持ってるものを出し切れますように、って事。


1問1問、大切に、丁寧に解いてください。
そして結果を出してください。




…ただし、その後には『実務』という荒れ狂った海が待ってますけどね。
まぁ、でもその荒波に揉まれるのもそんなに悪くないか(笑)
[PR]
by hawoo | 2006-07-01 11:28 | 司法書士
今日はこの3つの論点で終了です。

今は6月4日にある簡裁代理権認定考査に向けて勉強中。かなり必死。
ダメだったら、ある意味、伝説になってしまいそうなので…
だから休日は貴重な勉強の日。

でも今日は休日出勤をした。
と、言うのも個人再生についてちょっと調べものをしなくちゃいけなくて。
平日は業務に追われて全然それができないって事に気づいたのでやむなく事務所に行ってみた。
休日の事務所は初めてだったけど、しーんとして電話もほとんどならず、結構集中できた。
調べたかった事全部は無理だったけど、ちょっとだけ分かった気がした。もう、それだけで満足。
完全に私のキャパを超えてる案件なので途方に暮れそうなのを気づかないふりをしてるってトコかな。

そして、本日の締めは夫婦ゲンカ。っていうか私のヤツ当たり。
やっぱストレスたまってるのかぁ、私。
慣れない仕事で心身ともにぐたぐただもんな。
もうちょっと気持ちに余裕を持てたらな…

ごめんよ、だーりん。夕御飯もロクに作らず、掃除もほとんどできず、おまけに悪態ツキマクル私を許してくれますか?
[PR]
by hawoo | 2006-05-13 22:19 | 司法書士

登録完了。。。

とうとう『司法書士』になりました。
そう、登録完了です。

でも今はまだ『司法書士』を名乗るのを躊躇してしまいます。

だって、ほら、中身がねぇ…
[PR]
by hawoo | 2006-05-02 23:25 | 司法書士

研修を振り返って。

まずは中央新人研修から。

前期 1月21日~23日 パシフィコ横浜
後期 1月27日~30日 全国6ヶ所(ブロック会単位)

前期日程は日本全国から1000人近い試験合格者・法務局OBがパシフィコ横浜へ大集合。
今思い出してもこの3日間は苦行でしかなかった。
休憩時間になると約1000人が数箇所しかない出口に向かうわけだから、会場の外に出るだけでも何分もかかる。
トイレには長い列。
講義時間は朝の9時半から遅いときは夜8時20分まで。
おまけに講義の内容は…あまりおぼえてないかも…
講師は大学のセンセイばっかりで、まるで大学で授業を受けてるみたいな、そんな感じだった。

でも印象に残ったのもある。
それは一番最後のコマであったパネルディスカッション。その名も『市民の中へ』。
その中で、あえて司法過疎地に行き活動する先生やホームレス支援に取り組む先生の話を聞く事ができた。
その後はしばらく『うーん…』って考え込んでしまった。

自分はどの方向に向かっていけばいいんだろう…


そんな感じで、後期日程はまた今度☆
[PR]
by hawoo | 2006-03-21 21:25 | 司法書士