へなちょこ司法書士のあーでもない、こーでもない日記


by hawoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

反省文『梅酒について』

ちょっと寝そびれた感じで、梅酒を飲んでる。
でも…ほんとは哀しいからあんまり言いたくないけど、実は生まれて初めて漬けたこの梅酒、あんまりおいしくない!
ちっともまろやかじゃなくて梅の香りもあんまり出てない。なんか梅の香りも青い感じで。
自分なりに反省してみると、たぶん原因は氷砂糖が少なすぎたせいだと思う。
甘ったるいのが嫌だったから、思い切って半分ぐらいに勝手に減量…
でも、どうやら梅をやわらかくして香りを出すだめにある程度の糖分が必要だったらしい。
やっぱりまずはレシピどおりに作ってみて、それから自分の好みに合わせて毎年ちょっとづつ減らしてくべきだった。
どうして梅酒が甘めなのかってことにもちゃんと理由があったんだ…

高村光太郎の『智恵子抄』の中に、1人残された光太郎が寒い夜に智恵子が生前漬けてた梅酒を飲む、って詩がある。
それを高校生の時に読んで以来、なんとなく梅酒に憧れみたいなものを感じてた私の初梅酒はほぼ失敗という事です。ぐはっ☆
[PR]
by hawoo | 2005-10-03 01:15 | 日々の暮らし