へなちょこ司法書士のあーでもない、こーでもない日記


by hawoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新聞記事から論点をひろってみた

先日、例の差止めの仮処分が出たんで、ついでに民保の復習。

①係争物に関する仮処分命令出すときには当事者の審尋は任意(たぶん)
  c.f.仮の地位の仮処分→原則:必要的
②保全異議あったら仮処分命令出した裁判所が再考(上に行くわけじゃない)
  ここでは当事者の審尋は必要的
③ライブドア側の5億円の担保ってのは14条の担保のこと
④保全異議に対する裁判に不服あれば保全抗告(送達から2W)
⑤特別抗告、許可抗告もアリ

もともと仮処分はマイナーの中のマイナーって感じがあってあんまり時間かけたくないから、いい機会だと思って具体的にあてはめて考えてみた。
でも新株でも予約権でもその差止めって“係争物”?“仮の地位”?ってところでいきなり迷っちゃいました。どうやら係争物の方らしいけど。

今年の択一で新株予約権と仮処分命令が出たらなんか笑えるかも。
[PR]
by hawoo | 2005-03-14 17:56 | 今日のちっちゃな論点